渡すタイミングについて|結婚内祝いについて詳しく知ろう!【最高のギフトを渡す】

渡すタイミングについて

ブーケ

結婚式を行なう場合

結婚祝いを頂いてから結婚内祝いを贈る時期に関して、結婚式をするかしないかで対応が異なります。ここでは、結婚式を行なう場合の渡す時期を見てみましょう。結婚式をしてから1カ月以内には贈るのが基本です。

結婚式を行なわない場合

結婚式をせずに入籍のみで済ませた場合は、結婚祝いを頂いてから1カ月以内に贈るようにしましょう。結婚式の有無によって渡すタイミングは異なるかと思いますが、一般的に結婚祝いを頂いてから1カ月以内のお返しが理想となっています。

結婚内祝いが遅れてしまったら…

結婚内祝いを贈るのが遅れてしまうこともあります。そんなときは、遅れていても絶対にお返しをするようにしましょう。気がついたときには早急に渡すのがポイントです。その際にお詫びの言葉を伝えたり、お礼状にそえたりすることを忘れないようにしてください。

早めの準備が大事です

結婚前後は色々な準備があるのでとても忙しくなっているでしょう。そんな中でも結婚内祝いの対応はしっかりと行なわないといけません。上記のように渡すのが遅れることのようないように、結婚内祝いの準備は早めにしておくと良いですよ。時間に余裕を持った準備で落ち着いて対応していけたら良いですね。

気になる!結婚内祝いでよくある質問

選んではいけないギフトはありますか?

結婚内祝いのギフトでは基本的に割れ物や刃物などは選んではいけないと言われています。その理由として「割れる」「着れる」などとマイナスなことを連想させてしまうからとなっています。そのため、これらのギフト避けるようにしましょう。

郵送で渡しても大丈夫でしょうか?

はい、結婚内祝いを贈る相手が遠いところに住んでいる場合は郵送でも問題ないです。必ずしも手渡しじゃないといけないという決まり事はないので、手渡しが難しい場合は郵送を利用していくと良いですよ。

結婚祝いを頂いてない相手にも贈ってもいいですか?

結婚内祝いの本来の意味は幸せをお裾分けとなっているので、結婚祝い関係なしに贈っても大丈夫ですよ。ここ最近で結婚祝いのお返しというポジションとなっています。そのため、心配せずにお世話になった人たちに結婚内祝いを贈っていきましょう。

高額の結婚祝いを貰った場合はどうしたらいいですか?

もし相手から高額な結婚祝いを貰ったからと言って、こっちも高価なものを贈る必要はありません。頂いたギフトの値段の3分の1程度のものをお返しすると良いでしょう。なお、それでも高額になる場合は普通のギフトを選んでも大丈夫です。

広告募集中